江國香織作『神様のボート』

初めて読んだ当初は作者がこの作品のことを「とても危険な小説です」と評した意味がわからなかったのですが、大人になってからその意味がわかりました。学生の頃に読んだ時は、この静かに自己完結したような二人の生活感が好きでした。しかし、失踪する恋人から「何年かけても見つけ出す」と言われ、盲目的に信じることなんてあまりにも危険です... Read More