短編小説集『セブン』を読んだ感想

私は先々週に図書館から乾くるみの『セブン』を借りて、2週間ほどかけて少しずつ読みました。この本はタイトルの「セブン」の通り、7つの短編小説から構成されています。 この短編小説集を読んで第一に感じたのは、数字や時間に関するゲームやトリックがうまいと思ったことです。作品はフィクションなので、日常生活では考えられないような出... Read More