小説の鉄板 ノルウェイの森

私も20代半ばの頃、日本のほとんどの小説ヤングの例に漏れず「ノルウェイの森」を上下ともに読みました。当時私はそれほど小説を読みませんでした、むしろ現実に存在しない架空の物語にあまり興味を持っておりませんでした。文学的なところに触れたいなと漠然と思っている中、ちょうど映画化のタイミングにも合って小説を上下ともに買って読み... Read More