沈まぬ太陽 御巣鷹山編を読んで

沈まぬ太陽御巣鷹山編は、主人公の勤める航空会社の旅客機が御巣鷹山に墜落し、500人強の死者を出した事件を起こした所から始まります。 主人公はその遺族係として、事故で家族を失った遺族の対応に追われる姿が描かれます。 この小説は日本航空が実際に起こした御巣鷹山墜落事故をベースに書かれた物で、綿密な取材に裏打ちされたディティ... Read More