印伝さんと縁結びを読んだ感想

印伝さんと縁結びは普通の大学生の主人公のくくりと京都・名家の御曹司の印伝さんがいきなり縁結びの神様に指名されて婚約をするという話です。
最初はくくりも印伝さんもお互い好き同士じゃなくて、どちらかというと嫌いあっていた感じでした。
でも段々相手の内面に触れていくうちにお互いの良い所を知っていって好きになっていく過程が読んでいてほのぼのします。
好き同士という事は分かったのはいいのですが、お互い恋愛経験(ほぼ)なしで初恋だったらしくて、「手を繋ぐ」という所からのスタートというのがちょっと笑えました。
ほのぼのとしていて、初恋ならではの両想いなのに何をしたらいいのかが分からないというじれったさが堪りません。
でも肝心な所で流されるという事もなく、芯の通ったくくりが凄くかっこいいと思います。
後、「なんであえてそれなの」とクスッと笑える所等があったりして、大好きな漫画です。
それにくくりと印伝さんの2人は絶対くっつくと思うのでそう気にしていませんがライバル的なキャラも出てきたので今後2人の仲をどうかき乱してしてくれるかが楽しみです。
それに、印伝さんもくくりも好き同士なのになんで進展しないの?というモヤモヤを半分抱えながら読んでいます。
でも急に進展したりすると今までゆっくりほのぼのペース慣れて来ていた自分にとっても「え?急になんか変。こんなの印伝さんと縁結びの感じじゃない」ってなると思います。
なので、2人のペースでゆっくりとじれったい感じで進んでいって欲しいというモヤモヤも半分はあったりします。
それで結局はどうしてほしいんだとも自問自答の日々です。
それから、くくりのお兄ちゃんと印伝さんの元・婚約者との進展も楽しみにしています。